10月30日、「いきいき農園」(くみの木3丁目)で、大阪狭山市立第七小学校の2年生85人が芋掘りを行った。

 いきいき農園とは大阪狭山市いきいき熟年事業の有志会員19人が自主運営する農園で、減農薬で育てた安心・安全な野菜が特徴だ。

 前日までの雨で畑がぬかるみ、急きょ農園の皆さんが畝の間をマルチングシートで覆うことに。この機転のおかげで、子ども達は泥んこにならず楽しく芋掘りに集中。スコップで芋を傷つけないように少しずつ土を掘り起こした。しばらくすると、「大きいの出た!」とあちこちから歓声が。子ども達は互いに掘った芋の大きさを比べたり、笑顔の絶えない時間を過ごした。

 「今年は昨年よりも芋の出来が良く、子ども達も喜んでくれてうれしいです」と同園の竹本さん。

 いきいき農園では、現在会員を募集中。おおむね60歳以上の大阪狭山市民で、共同作業などもできる人。竹本さん080・5718・0363

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です