和泉市がみかん栽培を支援する人を養成する「和泉農業担い手塾」を開催。みかん栽培に興味のある人の参加を広く募っている。参加費は年間で500円。5月から来年3月まで、全10回開催。第1回目は5月15日。

 同市は府内最大規模のみかん産地。しかし、高齢化や後継者の減少、販売価格の低迷などから栽培放棄園が増加しているという。

 塾では、講義と実習を組み合わせ、みかん栽培に必要な基礎知識と技術を学ぶ。

 講義は和泉市農業体験交流施設「いずみふれあい農の里」で、実習は同交流施設近くのみかん園で行う。講師は、みかん栽培農家と「泉州農と緑の総合事務所」農の普及課職員。

 いずみふれあい農の里0725・92・3310、農林課0725・99・8125

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です