5月31日=5月30日発行の金剛さやまコミュニティ5面の富田林居合会の記事の中に『侍然とした男性』という表記があるが、『侍然とした』はなんと読んで、どういう意味ですか――とお電話で男性から。

◎この記事では「いかにも侍らしい」という意味で使っており、「侍然(さむらいぜん)とした」と読んでいます。

 

2件のコメント

  • 193 :

    ふ~~ん 75歳にして 初めて 見た 知った‥  こんな言葉 つかう必要ないのに…        

  • 九官鳥 :

    ◎この記事では「いかにも侍らしい」という意味で使っており、「侍然(さむらいぜん)とした」と読んでいます。← その通りで「日本語らしい日本語」と思います。
    そう頻繁に耳にする言葉でもないので「初めて 見た 知った‥」という高齢者も、亦、若い方々も居られるとは思います。
    悠然、自然、天然、泰然、茫然など、使われる頻度により、時として、解り難いものも見受けられますね・・でも、「侍然(さむらいぜん)」は日本語らしい響きの適切な表現だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です