沿線住民の反対で遅れていた陶器山トンネル工事が84年2月から始まった。山をいったん切り開き、コンクリートボックスのトンネルを築造し、土を埋め戻して植栽し山を復元した。86年6月に開通し、泉北と狭山ニュータウン(トンネルの向こう)が直結した。

現在

 開通してから34年。埋め戻された山には木々が茂っている。トンネルの上にはあずま屋の休憩所が設けられ、住民の散歩コースとなっている。

 

関連記事

あなたにおすすめの記事