新型コロナウイルス感染症患者は7月29日現在、堺市で216人、和泉市で54人が確認されている。堺市では10代~30代までの若年層が感染者の約50%を占める。また全感染者の88%が軽症である。

 堺市の感染者の内訳は、10代男性が4人と女性が7人、20代男性が35人と女性が32人、30代男性が15人と女性が9人。この3世代で102人になる。

 40代男性が19人と女性が13人、50代男性が14人と女性が15人、60代男性が13人と女性が9人、70代男性が11人と女性が8人、80代男性が3人と女性が8人。90代女性が1人。

 症状で軽症が191人、重症が4人、無症状が16人、調査中が2人、不明が3人。感染者216人うち死亡が4人、退院・解除が151人、入院などが61人となっている。

 和泉市の感染者の内訳は、10代男性が3人と女性が2人、20代男性が6人と女性が5人、30代男性が5人と女性が3人、40代男性が5人と女性が4人、50代男性が3人と女性が3人。

 高齢者では60代男性が2人と女性が2人、70代男性が2人と女性が4人、80代男性が2人と女性が2人。90代の女性が1人いる。

 感染者54人のうち死亡が2人で退院・解除が46人。残る6人の症状は軽症が4人、無症状2人。

3件のコメント

  • なにそれ :

    堺市の数全然違うし

  • 米村 :

    病院勤務ですが、コロナに対してとてもゆるいし、セキュリティーも甘いです。患者は外出したり、近くの銭湯へいったり、どんな患者も受け入れるので誰が感染しているのかわかりません
    理事長もマスクしていません。
    医療従事者として頑張ってますが日々怖いです。
    堺市南区にある病院。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です