【解説】堺市議会の「賭け麻雀騒動」は、市民の前での市議らの批判合戦という醜態をさらした挙げ句、「事実が確認できない」という何ともお粗末な結果に終わった。

議会は、これで騒動を幕引きにしたいようだが、本当にそれでいいのか。

今回の騒動では、本会議で市議4人の実名が出され、賭け麻雀をしていたと追及された。また、4人の職員も実名はだされなかったものの、ほぼ特定される形で取り上げられ、私生活の一部まで明かされた。

果たして、市議会は彼らの名誉回復をどのように図るつもりなのか。「調べましたが、よく分かりませんでした」で、本当にいいのか。

特に責任が重いのは、本会議で質問を行った大阪維新の会である。なぜ、根拠の乏しい話を、あたかも確たる証拠があるように取り上げたのか。1人の職員の酒席での「作り話」だけを根拠に、「賭け麻雀疑惑がある」と8人を指弾した大阪維新は、確たる証拠を示せなかった以上、8人に公の場で謝罪し、質問の経緯について説明すべきだ。

さらに、一連の議論の中で、質問した池田克史市議は、職員1人の話を鵜呑みにして裏付けを取らないままマスコミに話し、本人が「作り話だった」と謝罪しているにもかかわらず、私的なLINEの内容を議場で公にしたことが分かっている。

池田市議は、今でも疑惑をかけられた市議に対し、客観的な証拠を示すことが議員の説明責任だと主張しているようだが、ならば、池田市議こそ「麻雀疑惑」がでっち上げでないことを証明し、説明責任を果たすべきではないのか。

堺市議会基本条例には「議員は、常に高い倫理観を持って、誠実かつ公正に活動することを通じて、市民との信頼のきずなを深め、その職責を果たすことによって、市勢の発展のために尽力しなければならない」とある。大阪維新の会と池田市議は、市議会を混乱させ、市民の信頼を損なったことについてどう考えているのか。

次に、政治家としての説明責任を果たすのは、大阪維新と池田市議の番だ。

「賭け麻雀疑惑」騒動は終結 維新は証拠示せず 一部市議は当日チラシ配布
堺市議会の本会議で、大阪維新の会の池田克史市議が「外出自粛期間中に市議と市職員8人で...

3件のコメント

  • 自由人 :

    なんだこの記事は。
    わざとらしい擁護がよく出来るもんだわ。
    市民は黒いものを隠してるだけだと思ってるよ。

    Aさんの証言が急に作り話って被疑者に都合の良い話、誰が「ああそうか」って信じるの?

    ふちがみ君がブログで「濡れ衣は公の場で晴らす」と豪語してたけど、結局いくらでも後付け出来るような証拠しか出て来なかったし。

    議会を傍聴した友人の話だと、グダグダでしかなかったという。

    何が「次は維新が説明責任を果たす番だ」だよ。
    疑惑のままで終わらせたら勝ちとか維新が悪いみたいな物の言い方は完全に被疑者と同じ立場の人の言い分であって、市民の味方ではないね。

    寝言はグダグダな議員総会の動画を公開してから言って欲しい。

  • スズキ マサル :

    議員総会傍聴してましたが、疑惑の議員、職員真っ黒でしょ笑笑
    記者の山本さんあなた、議員総会傍聴してましたか?
    しててこの記事書いてるなら、かなり偏った人ですね。
    本気で何もなかったと思ってるなら記者やめた方が良いのでは

  • 山本裕 :

    ご意見ありがとうございます。しかし、申し訳ありませんが、記事をよく読んだうえで、ご意見を頂戴したく存じます。
    今回の一連の記事は、「賭け麻雀疑惑」を取り上げた記事ではありません。大阪維新の会の池田克史市議が「4人の市議の実名を挙げて疑惑を追及した」ことを取り上げた記事です。実名を出した以上、確たる証拠が池田市議から示されるものだと私も期待していました。

    ところが、池田市議はなんら直接的な証拠を示せず、議会は「事実は確認できなかった」と議論を終結させました。
    証拠もないのに、公の場で実名を挙げて他人を犯罪者だと糾弾することは、民主主義国家である日本では許されないことだと私は考えています。ましてや、言論を戦わせる議会の場です。私は、池田市議及び大阪維新の会堺市議団(的場慎一代表)の行為は、議会制民主主義を破壊しかねないものだと思っています。

    維新応援団だとか、反維新だとか、誰かを擁護しているとか、次元の低い話をしているのではありません。あなたは、証拠もないのに「あいつは犯罪者だ」と指を差されるような社会で暮らしたいのでしょうか。「アリバイがない」というだけで、「被疑者」呼ばわりされる社会を望んでいるのでしょうか。(自由人さんは、お望みのようですが)

    私はまっぴらごめんです。

    ですから今回、池田市議と大阪維新の会堺市議団を厳しく批判いたしました。議会全体に対しても苦言を呈したつもりです。民主主義の破壊者に対しては、今後も批判を緩めるつもりはありません。また、自分のことを「市民の味方」などとは思っていません。民主主義を守りたいと考えている市民の1人です。

    ただ、私の筆の稚拙さ、紙面編集や見出しの拙さから、「賭け麻雀疑惑の追及」と思い違いをさせたのであれば、お詫びいたします。(山本裕)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です