近畿大学医学部移転のために公園の一部を売却することは認められないと、南区三原台の田園公園周辺の住民が公園の売却差し止めを求めて監査請求を行った問題で、市監査委員は23日、請求を受理しました。
今後、請求内容について検討し、10月8日までに結論を出すことになっています。

2件のコメント

  • タケシ :

    この監査が市の監査委員で行われるのであれば、担当部局への実態調査は担当監査委員ではなく監査事務局職員(おそらく主事または主査)が行い、それに基づき関係法令適否や過去の同類事件判例等を検討して監査報告案を作成後、担当監査委員がその内容を精査、修正して報告書を作成すると思います。監査では政治的判断には踏み込まず法的適合性が対象となると思います。

  • 役立たずのお地蔵さん :

    南区三原台の田園公園周辺の住民が公園の売却差し止めを求めて監査請求を行った問題・・何となく「一人相撲」のような客観印象を受けます・・ヒッソリと始まりヒッソリと寝静まる。

    残念ながら・・近畿大学と争うにはチカラ不足の「住民エゴ」で終わるのでは、と危惧しています・・市議も区議も、市長も区長も、残念ながら「誰一人として」動かなかった様ですから。
    最近の本誌(コミュニティ)にも有ったように「戦後処理」に焦点を切り替えるのも必要では?

    他人の困りごと・・誰も関心払わない、関わらない・・これが泉北住民の本意なのではと思うのですが(多分、他の地域でも)・・・地域の議員さんも同じように無関心なのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です