桃山フェスタで桃山学院大茶道部が学内の茶室で茶道体験を行った。同部は現在男女20人で活動し、本格的な茶室・翠泉庵で裏千家茶道を学んでいる。

 今回は、自分で茶筅を使って薄茶を点てる体験と、部員が点てた薄茶を頂く体験の2種類が用意された。通常の茶会ではお茶を点てて出すため、自分で点てられる機会はほぼ無い。めったに出来ないということで、参加者の8割以上が自分で点てた。参加者は茶室に通され、親子や友達グループごとに座った。部員の簡単な説明を聞いてから、茶碗の中の薄茶に茶筅を入れ、茶筅を小刻みに振って細かい泡が出来るように点てる。子供は慣れない動作に悪戦苦闘していたが、真剣に取り組んでいた。

 部長の葉山れい子さん(法学部3回生)は「約300人も参加して下さいました。秋の大学祭では、茶席を設けます」と。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です