12月5日=以前にこの新聞で『さかい利晶の杜』経営が赤字と指摘されていたような記憶があります。この施設の経営は特別会計なのでしょうか。特別会計であれば、料金収入だけの経営で租税投入を予定しておらず、赤字時は問題です。しかし、一般会計で経営しているのであれば必ずしも収益を目的とせず、観光振興政策の一環であれば目くじらを立てて批判する必要なはいと思います。もちろん、黒字決算できればそれに越したことはないと思いますが。このような施設の経営ではどのような会計方式で運営しているのかも確認すべきと思います--とHPにtakesiさんから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です