たくさんの真っ白なユリの花が1本の茎から咲いている。宮山台1丁の古野和香さんが育て、背丈よりもはるかに高く成長した。毎年、1~2輪の花を咲かすが、今年は23輪。「7~8年前から育てていますが、こんなことは初めて。特別なことは何もしていないのに」と不思議がった。元々、夫の幸一さんが広い庭でいろいろな草木の世話をしていたが、今年3月に他界。「主人が咲かせてくれたのかも。でも一緒に見たかった」と、仏壇のある座敷の窓からユリの花を眺め目をうるませた。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です