「近大移転で、竹山前市長から日本共産党に資金が流れたかのような事実無根の記事」に抗議。コミュニティの『共聴アンテナ』では、日本共産党ではなく共産党の堺市議がアヤシイと言っているのです。それについて「証拠もないのにアヤシイとはケシカラン。」謝罪しろと怒られました。共産党議員だけでなく、すべての堺市議がアヤシイと書いたのですが、なぜか共産党だけが文句を言って来ました。証拠なしにアヤシイと言ったら、ダメなんかな。皆さんはどう思いますか?

2件のコメント

  • タケシ :

     ネガティブな報道は裏どりが必須です。関係者の自宅や事務所に連日張り込みをして入念な証拠収集のうえ、記事内容を顧問弁護士とも相談して訴訟リスクに備えるべきです。推測や思い込みで報道するのは貴紙にとって自殺行為になりかねませんよ。共産党以外の議員は五大紙ならともかく、超ローカルな貴紙を相手にするつもりはないのかもしれません。

  • ヒカリ :

    衆人環視のコミュニティに証拠ナシであやしいと言ったらそりゃダメでしょう。
    貴紙は御自宅のチラシの裏の落書きですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です