農業を始めたい人や、農業の知識や技術を高めたいと考えている人、家庭菜園・市民菜園などに興味がある人などが集まる「みないき農業塾」。現在、第7期生12人がそれぞれの目標を持って活動中だ。
 4月から4回の講座と5回の畑での実習を終え、6月4日は6回目の実習日。南区畑の広い圃場では、20種類ほどの野菜が青々と育ち、またハウスでは真っ赤なトマトがたわわに実っていた。塾生は、小さな実をつけはじめたスイカに栄養となる米ぬかをまいたり、トマトの脇芽を摘んだり。どれが脇芽か質問をする塾生に、指導者や元塾生のスタッフが丁寧に指導していた。また一株から4本の主枝をひもで支柱につりさげるように誘引されたナスに、ツヤツヤとした実がなり、大きいものは収穫した。
 3人の子供達に安全な野菜を食べさせたい、自分で作った野菜を使ってパン屋を開きたい、家庭菜園だけでなく本格的に農業を学びたいなど、夢を持って参加している若い塾生が今年度は多い。「店頭に並ぶ野菜がこんなふうに育てられていると初めて知った」。
 安心・安全で美味しい野菜を作るため、農薬を使わず、害虫は手で取るなど手間暇かけて育てている同塾。「塾生やスタッフが時間や手間を惜しまず、みないきだからこそできる」と胸をはる。トマトやナスのほか、小松菜、ホウレンソウ、タマネギなどが、コスモス館やハーベストの丘「またきて菜」、槇塚台のまちかどステーションで販売している。
随時、塾生募集。見学・体験可。柴田さん080・3430・4511。
          

          

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です