6月9日、全国高等学校総合体育大会剣道大会大阪府予選が行われた。女子団体(78校が参加)で精華高校剣道部がベスト8入りし、近畿大会出場を決めた。

 同部は剣道経験者の教員不在のため、長く活動を休止していた。しかし、3年前に経験者で教員の中野純哉さんが着任し、顧問となったことから活動を再開。中野さんが中学校を回り、戦績を問わず、やる気がある生徒の推薦を募って回った。部員4人で再開、2年目から男女共に大阪府下でベスト16入りするようになった。4年目の現在、男子8人、女子8人の計16人にまで増え、女子団体では初の近畿大会出場をつかんだ。飛躍が期待される。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です