大阪狭山市今熊のコニカミノルタ大阪狭山サイトで予定されていた工場棟解体工事の着工が、「アスベストや汚染土壌などの処理についての説明が不十分だ」などとして延期されていた問題で、コニカミノルタが20日と21日に住民説明会を行うことがわかった。しかし、同社は説明会の対象者をサイト周辺の一部住民だけに限定し、予約制にするなど広く住民に周知する姿勢はない。住民らからは住民にしっかり説明しようとしない企業体質に疑問の声が上がっている。

 同サイトが配布した資料や市などの説明によると、撤去されるのは老朽化した工場棟で鉄筋コンクリート3階建て延べ床面積約1万1000平方メートル。耐震性などに問題があり、5年ほど前から使用されていなかったという。工事は3月中旬から1年間の予定だった。

 工事によって搬出されるアスベストの量は約420キログラムで、アスベストを含む資材全体の量は約140立方メートル。10トントラック約10台分になる。また、敷地内の一部でテトラクロロエチレンによる土壌汚染が判明。これについては土壌の入れ替えなどを行うという。

 同サイトは2月1日に解体工事について住民説明会を開き、15人の住民が参加。説明会の席上、事前に配布された通知文になかったアスベストや汚染土壌の存在について説明を始めたため、一部住民が反発。改めて説明会を開くことになった。しかし、その後の新型コロナウイルス感染症拡大による外出自粛要請を受けて、説明会は開催が大幅に遅れていた。

 説明会の周知方法をめぐっては、最初に行われた説明会について開催されることさえ知らず、後からアスベストや土壌汚染、水質汚染の話を聞いたという住民も多い。同サイトに近いマンションでは、管理棟の掲示板に案内文1枚が貼られていただけで、気づいた人はほとんどいなかったという。

 今回の問題について、本紙はコニカミノルタに資料の提供と説明会の取材を申し込んだが、同社は資料提供の求めを無視し、住民説明会の取材も拒んでいる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です