僕は中学生で日曜日以外は毎日自転車で最寄り駅まで行っているのですが、最近ゴミを拾いながら駅の方へ向かうサラリーマンの男性をよく見かけます。ゴミのポイ捨てや異臭が問題になっていますが、このような人がもっと増えたら街は奇麗になっていくだろうな、と感じました。

 また、ゴミのポイ捨てをする人はゴミを捨てる場所がないので仕方がなくその辺に捨てるのだと思います。なので、街にもっとゴミ箱が目につく所にあれば捨てる人も少なくなるのではないのでしょうか。大谷翔平選手は『街中のゴミ拾いをすることで他人の幸福をも自分のものにできる』と言っていて自ら進んでゴミ拾いをしているらしいです。捨てる人が減って拾う人が増えて街中が奇麗になればいいですね。

(1月10日メールで)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です