「はじまるよ、はじまるよ」の手遊び歌から毎回スタートするのは、原山台の子育てサロン「ぴょんぴょんひろば」。子どもを抱っこした母親やスタッフも、元気な声で歌う。
 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、今年度は7月が第1回目で、取材日の9月9日は第2回目。参加者は、7月は親子2組、9月は4組。地域の高齢化や、低年齢での保育園や幼稚園への入園が増え、年々 参加者が減っているという。しかし、子育てを体験してきたベテラン主婦スタッフが、新米ママをしっかりサポート。マンツーマンで見守ってもらえる安心さがある。さり気なく抱っこを替わるスタッフに笑顔を見せ、ホッと一息つくママも。
 原山台幼稚園の先生が、絵本を読み聞かせたり、動物まねっこ体操をしたり。またトンネルをくぐるゲームでは、出口で待ち構えるママに子ども達は笑顔で抱きついた。
 10月に3歳になり保育園に入園する女の子は、「今日が最後の日」と紹介され、スタッフやママ友と別れを惜しんだ。「生後6か月から毎月楽しく参加し、ここで友達もでき、スタッフの方々に大変お世話になって感謝している」と。
 第2水曜10時~11時半、原山台地域会館で。直接会場へ。

(記者・冨尾)
泉北コミュニティ2020年10月1日号掲載

ぴょんぴょんひろば ・

ぴょんぴょんひろば

活動場所原山台地域会館
活動日時第2水曜10時~11時半