9月10日=コロナ禍を契機に、世の中はデジタル化社会への移行が政府の音頭取りで一段と進む。意思疎通の手段が紙から電子化され効率化が一層計られるけれど、高齢者は活字をディスプレイで見ることになじめない。時流に乗れないものは救われない社会になるのだろうか。コミュニティ紙も大手新聞社同様にディスプレイ化される時が来るのだろうか。何でも電子化は文化価値を失うような気がしてならない--とファクスで。

1件のコメント

  • タケシ :

    時代の流れに抗うのは難しいでしょうね。高齢者にも対応したIT技術が開発されたら良いともいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です