9月24日号でビッグバン移譲で堺市財政に影響必至の記事があります。今後のメンテナンスや指定管理料で32億円や3000万円の数字が記事にあります。このような金額が堺市財政への影響必至と山本裕さんは捉えているようですね。
 ところで、堺市の今年度の一般会計当初予算ベースでは市税収入が約1500億円、地方消費税等の交付金や諸収入を含めた歳入総額が約4300億円の見込みです。堺市の財政状況を考えればビッグバン移譲で生じる財政負担は微々たるものではないかと私は考えます。今回の記事では32億円や3000万円だけが独り歩きしているような気がします。山本裕さんは今回の財政負担が今後の堺市の財政運営にどの程度影響を及ぼすのかをどのように検証されたのか是非教えてください。そうでないと、堺市の財政状況に疎い一般市民からすれば32億円や3000万円は決して安くない金額なので堺市財政が破綻するのではないかと不安を煽りかねないと思います。

1件のコメント

  • 記者・山本裕 :

    堺市の財政は危機的状況にあり、来年度予算も編成も厳しいものになるようです。これは、市議会で永藤市長が表明しました。今後、市の財政の厳しさについても、できるかぎり分かりやすく、お伝えできたら、と思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です