7月1日からレジ袋が有料化されました。全体として、プラスチックごみの一部が減少するのは間違いないでしょうし良いことだと思います。しかし、有料化に関して、海洋汚染防止が前面に出されていますが、海洋汚染のプラスチックごみに占めるレジ袋の比率はいくらぐらいなのでしょうか。また、有料化でいくらぐらいまで減少させることを目標にしているのでしょうか。ただ漫然と、有料化にすれば減るでしょうとの考えでしょうか?また、各店舗の対応も少しおかしいですね。これまで無料であったものをやめます、その代わり、その分値引きします。これで計算が合うのでは?
やめますだけでは、その分値上げと同じですね。--とメールで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です