南側にも一般車可

 乗降客の増加に伴い、和泉中央駅前広場の改修が検討されている。

 問題点は、「南側(のぞみ野側)のバスターミナルに一般車が流入」「車道で一般車からの乗り降りが行われ危険」「駅舎とつながる屋根がない」「北側(いぶき野側)には、送迎バスや一般の送迎車が駐停車し危険」などだ。  改修案として南側に一般車が利用できるターミナルを新設、北側に一般車ターミナルの入り口と出口の分離や歩道の設置が検討されている。和泉市では現在、交通事業者や警察などと協議を進め、改修案の検討と概略設計を行っている。19年度に実施設計、20年度と21年度の2か年で整備を進めていく予定。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です