和泉市は、いずみの国和泉市PR大使を委嘱していた吉本興業所属のお笑い芸人2700のツネを、6月25日付で解職した。

 吉本興業によると、2700のツネは数年前、反社会的勢力とみられる特殊詐欺グループの会合に出席し、報酬を得ていた。このため当分の間、謹慎処分とした。

 市は、反社会的勢力との関わりが事実である以上、引き続きPR大使として委嘱を続けることはできないと判断、解職を決めた。

 2700のツネへのPR大使委嘱は13年4月。これまでPR動画や信太山クロスカントリー、いずみの国グルメグランプリなどに出演している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です