城山台出身の村上三保子さん(鳳南町)が、主催する親子料理教室の10年目を記念し、その集大成となる『ようこそ!子育てキッチンへ』を10月に出版した。料理のレシピや教室でのエピソードのほか、村上さん自身の体験を元にした先輩ママとしてのアドバイスが満載の一冊。

 2歳から6歳までの子供を対象にした料理教室は10年から開講し、のべ7千組以上の親子が参加した。「上手に作ることよりも、楽しく作ることを大切にし、子供の自立心を養うため、親が口出し・手出しすることを禁止しています」と村上さん。子供が自由にのびのびと学ぶ場として、本物の包丁を使って野菜を切る子供の姿にハラハラしながらも辛抱強く見守るルールという。そして子供の好奇心や集中力を高めるため、五感をフルに使って食材に触ったり、匂いを嗅いだり、味見をしたり。失敗しても達成感を味わった子供達はみな笑顔でママと喜びを分かち合う。「親子で一緒に料理をすることで絆と心が育まれます。子育てで不安を感じるママに、この本が子育てのヒントとなれば」と。

 またコロナ禍で料理教室が開催できない状態が続き、新しくオンライン料理教室を開講した村上さん。自粛期間中の小学生を対象に、朝ご飯や晩ご飯を作る無料レッスンはとても好評だった。一週間、毎日朝6時半からのレッスンでは、出汁をとって味噌汁を作ったり卵料理を作ったりすることで、早起きの習慣ができた子供が増えた。「オンラインレッスンだからこそ、自宅の台所で料理をする習慣ができると気づきました。これからもオンラインも上手く使いながら、料理を通して子育てを楽しむ方法を伝えたい」

 アマゾンなどのオンラインショップや全国の書店で販売中。203ページ、1500円+税、みらいパブリッシング発行。村上さん090・5880・0081、http://ameblo.jp/happy-honey-life     

あなたにおすすめの記事