8月16日、パシフィコ横浜で第12回日本高校ダンス部選手権全国大会ビッグクラスの部が行われた。全国から51チームが参加する中、堺西高校「STORM CREW」が見事準優勝に輝いた。同大会ではダンススキルはもちろん、作品をいかにショーアップして独自の世界観を表現するかが重要。同校は指導・振り付けのKOTONEさんと共に徹底的に機能美を追求し、これまで輝かしい成績を上げてきた。今回も大人っぽい紫の衣装に身を包み、スタイリッシュな動きで「旋律」を表現した堺西高らしい作品で栄誉を勝ち取った。

 部長の米田雛乃さんは「例年より多い人数でフォーメーションを組んだため、最初は動きがなかなかそろいませんでした。各自が努力するうちに一つになってきて、近畿・中国大会では、踊り終えた後に思わず笑顔になった程手応えを感じました。全国大会では、場の空気にのまれることなく本番に臨めました。自分達らしさを出し切れたと思います」と笑顔。

1件のコメント

  • ふるさぽ :

    素晴らしいパフォーマンスでした。
    あの人数で揃ってるのが素晴らしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です