店員の柴田さんに感謝状

 10月1日、特殊詐欺の未然防止に貢献したとして、ローソン和泉唐国店アルバイト店員、柴田夢羽さん(高校3年)に福岡和泉署署長から感謝状が贈られた。

 9月8日夕方、来店した70代男性が、携帯電話で話しながらATM操作をしている事に不審を抱いた柴田さんが、男性に声を掛けると「身に覚えのないサイトに入会していて退会するのに30万円必要」と話したため詐欺だと直感。110番通報し、なかなか信じない男性を警察の到着まで引き留めた。

 「特殊詐欺は、学校やテレビで聞いて知っていたので、すぐ気付いた」と。福岡署長は「地域の協力が何より。勇気を持って声を掛けていただきありがとうございます」と感謝を述べた。

 9月末現在、管内での特殊詐欺被害は7件、約580万円。

 「最近は、市役所をかたる還付金詐欺のアポ電が多いが、詐欺を見抜く方が増え、被害は減少傾向」と同署生活安全課。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です