大阪南医療センターを応援するために、医療用防護服をボランティアが作成しています。

病院長の肱岡先生が、医師の観点から工夫を凝らして不織布を使った防護服を考案されました。
身近な病院のスタッフと医療を守るため、5月末までに400~500着を作成予定です。
ミシン、アイロン、裁断、マーキング、整理などいろいろなお仕事があります。
お手伝いいただける方を歓迎します。
自宅でもしていただけます。
ぜひ、ご連絡をお願いします。

河内長野市民公益活動支援センター「るーぷらざ」
0721-53-8100(火曜日定休)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です