大阪狭山市出身の女流棋士・西山朋佳さん(25歳)が、快進撃を続けています。

 将棋界では、女性のみを対象とする「女流棋士」と、男女を問わない「棋士」があります。
「棋士」になるには、棋士の養成機関である「奨励会」で四段に昇段するのが条件ですが、それを果たした女性はまだいません。西山さんは現在、女性初の棋士を目指して、奨励会三段リーグで奮闘中です。
 そんな西山さんが、格上の名だたる棋士を次々と破り、台風の目となっています。

 「第92回ヒューリック杯棋聖戦」一次予選に出場した西山さんは、泉正樹八段など男性棋士を相手に破竹の4連勝。女性として初めて、一次予選を突破しました。
 1月7日行われた二次予選第一局では、棋戦優勝8回・タイトル挑戦6回などの実績を誇る、将棋界を代表する名棋士・森下卓九段に勝利する大金星をあげ、二次予選決勝進出を決めました。

 次の対戦相手は、史上最年少(当時・昨年7月、藤井聡太七段が最年少記録更新)で棋聖のタイトルをとった屋敷伸之九段です。もし屋敷さんに勝利すれば、女性初のタイトル戦決勝トーナメント進出という快挙になります。

 西山さんは、昨年の「第34期竜王戦」の予選でも、青野照市九段・長谷部浩平四段に勝利するなど、男性棋士と互角に戦える実力があることは証明済みです。女流棋士がタイトル戦決勝トーナメント進出となれば、特例での四段昇段という議論が起きるかもしれません。

 屋敷さんと西山さんの運命の一戦は、1月27日。
「公式戦で初めての大一番で、とても楽しみ。当たって砕けろの精神で頑張ります」と、西山さん。
頑張ってほしいですね!

関連記事

あなたにおすすめの記事