寺ヶ池公園「四季の広場」の外周花壇に12月、新しいバリアフリー花壇が登場した。河内長野市立林業総合センター木(きん)根館(こんかん)から寄贈された40万円相当の木製で、車イスでも立ったままでも手入れできる空中花壇になっている。

この花壇を手入れするのは、花づくりボランティア「花の精」の皆さん。設置されたのが年末と気ぜわしい中、「何も植わっていないのではさびしいね」と早速、葉ボタン・パンジー・アリッサムなどを植えた。花の少ないこの時期、新春らしい鮮やかな彩りに目を止めて、通りかかった人たちも思わず笑顔に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です