堺咲花病院の小児科は、午前診察のほか、時間外診療センター(午後の部・夜間の部)による診療で幅広い時間帯の診療を実施。夜間の部の診療は20時まで受け付け可能だ。また、急性期、慢性期を含めた小児の様々な病気に対応。症状によって入院診療も行っている。

 また、同科部長の宮沢朋生さんは、この時期の予防接種の大切さを訴える。新型コロナウイルス感染予防のために病院に行くことをためらう保護者が多いが、定期的に実施する予防接種は、「その接種する時期や期間にも重要な意味があります」と。予防接種で防ぐことができる病気はしっかり防ぎ、対処することが大事とも。

 同科は、感染症、アレルギーなどの一般的な小児疾患の外来、腎臓病、膠原病などの専門的診療にも対応。大阪府内の生後9か月から1歳未満の乳児を対象に後期健診も実施。

 また、生後1歳までに半数以上がかかると言われるRSウイルスの重症化を抑える薬・シナジスの接種も実施。未熟児や基礎疾患がある乳児は重症化するともいわれ、在胎期間(出産時の妊娠週数)が28週以下で、12か月齢以下の乳幼児など保険適応の対象がある。診察時間9時~(受け付け8時~12時)、14時~(受け付け13時~16時半)、18時~(受け付け17時~20時)。土曜午後・日曜休診。

店名堺咲花病院
営業時間診察時間9時~(受け付け8時~12時)、14時~(受け付け13時~16時半)、18時~(受け付け17時~20時)。土曜午後・日曜休診。
住所大阪府堺市南区原山台2丁7番1号
電話072-295-8833

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です