東京都練馬区立小学校で学校事務職員が保護者から集めた給食費や教材費を無断でゆうちょ銀行から引き出して横領したとの報道がありました。これは、給食費等が区の歳入金扱いでないために事務職員が独断で降ろせたのだと思います。

もし、これが区の歳入金であれば、区の指定金融機関の公金口座から引き出すには支出伺書を作成し決裁を得たうえで区の会計管理者が債権者に対し口座振替により支払うことになります。そして、予算執行機関毎に指定金融機関の残高証明を添付した月決算書を作成し会計管理者に報告することとなっています。役所ではこのように複数の職員と指定金融機関の関与のもとで金銭の収入、支出を行います。

学校給食費が区の歳入金でないため、このような事件が起きたと思います。堺市では学級担任が収納から納付相談まで行っています。今回のような事件を防止するとともに教員の負担軽減のためにも来年度から給食費を市の歳入金とし、金銭の流れを市税等の公金と同様にすべきと思います--とHPにtakesiさんから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です