幅8mの広い緑道

 堺市が来年7月のオープンを目指して、栂・美木多駅前で進めている原山公園再整備事業の中核となる屋内プール施設の外観が姿を現した。施設は建設面積2500平方メートルで、年中利用できる屋内プールや研修会などに使える多目的室などを設置する。

 原山公園再整備事業は、近大医学部移転のために廃止、売却される泉ヶ丘プール(今年8月で営業終了)の代替施設整備のために行われ、屋内プールや屋外プール、多目的コートや広場、カフェなどが設けられる。

 整備は民間会社によるPFI手法で行われ、公募で選ばれた企業らで設立された「原山公園PFI」が施設の整備と運営を行う。総事業費は約36億円。

 現在は主に緑道と屋内プールの工事が行われており、屋内プールの外観がほぼ姿を現した。

 また、緑道は幅約8メートルとなる予定で、現在の緑道より広くなるほか、高低差やカーブも抑えられて通行しやすくなる。

 利用料金や利用方法などについては、来春頃には決まる予定。泉ヶ丘プールでの利用料金は大人510円だったが、最大で900円前後になる可能性があるという。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です