8月3日、ららぽーと和泉で高橋ひとみ桃山学院大学名誉教授による、幼児の視力検査イベントが行われた。子供の弱視を防ぐためには3歳から治療を開始するのが望ましく、就学時検診では手遅れになるケースがあるとのこと。当日は参加した小さなお子様を対象に、可愛い動物のキャラクターを使って、ゲーム感覚で楽しく視力を計測した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です