8月24・25日、光明池駅高架下周辺広場で第40回光明池まつりが開催された。24日には福祉バザー、25日には縁日が行われ、大勢の来場者でにぎわった。

 25日、会場の特設ステージで行われたステージパフォーマンスで成美高校軽音楽部がトリを飾った。出演したのはギター・坂口君(3年生)、ベース・藤原君(3年生)、ドラム・早川君(1年生)の男子3人組バンド。1曲目はアニメ「銀魂」のテーマソング「曇天」を、アニメの世界観そのままの力強い音で疾走感あふれる演奏。2曲目は今年映画化されたMONGOL800の人気曲「小さな恋のうた」を弾むように演奏。客席は大いに盛り上がり、手拍子で一体となっていた。特に2曲目は客席から自然と歌声が上がった。

 演奏後、3人はステージの興奮冷めやらぬ様子で「うちの部は50人いて、演奏の機会ごとに、固定メンバーのバンドか急きょ編成したバンドのどちらにするかを決めています。今回は急きょ編成したバンドですが、すぐに演奏の息が合いました」「手拍子してくれたり一緒に歌ってくれたりして、すごくうれしかったです」と笑顔で語った。

 次回は10月6日10時~池上曽根史跡公園で開催される「高校軽音フェスタ弥生の杜」に出演予定。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です