堺市消防局が11年6月から運用している「堺市版救急受診ガイド」は、スマホやパソコンから病気やけがの状況に関する質問に答えていくことで、119番通報すべきか、病院を受診すべきかといった緊急度の判定を行うサービス。直接119番につながることはないので、「どんな症状が危ないのか」を事前に学んでおくこともできる。(堺市民以外の人も利用可)。

 15歳未満の子どもの場合は、スマホ専用「小児救急支援アプリ(無料)」で同様の判定を行い、診察時間中の小児医療機関がリアルタイムに地図表示されるサービスもある。

 また電話では「#7119」(救急安心センターおおさか・24時間対応)で直接オペレーターと会話し、緊急度を相談できる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です