先日、この2週間が今後の新型コロナウイルスの感染者の急激な増大を避ける、あるいはピークを後ろにシフトさせるために、国民が入念に注意を払うヤマ場である、との政府声明や専門家の呼びかけが出されています。しかし、ここのところ毎日、大阪府下の感染者発生の発表がやみません。

ちょうど、自治会・町内会の年度総会の開催時期に重なっているのですが、密閉空間での集会を避けるように呼びかけられているにもかかわらず、どうも開催の見直しについての動きが鈍いところがあります。
地元でも、ギリギリまで変更の動きがあるか見極めたのですが、漫然と開催されるようで、やむなく委任状の提出に代えることにいたしました。

このあたり、堺市のホームページを見ても、市主催行事やイベントのことが載せられているばかりで、自治会・町内会のことは特に案内されていません。
実は、調べてみると、全国的にはこのあたりの配慮がなされているところがあって、書面表決に代える方法がホームページに載せられているのが見受けられました。
1例として ⇒ https://www.city.ichinomiya.aichi.jp/kurashi/chiiki/1000184/1033477.html

今のところ、新型コロナウイルスの終息への道筋は見通せませんが、とりあえずは書面表決に代えておいて、落ち着いたら改めて臨時会または懇話会・意見交換会など開くことにしてはどうでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です