厚生労働省が新型コロナウイルス接触確認アプリ、略称「COCOA」(ココア)を6月19日にリリースし、アプリの利用を呼びかけている。

スマートフォンの近接通信機能(ブルートゥース)を利用して、接近情報を管理するシステムで、15分以上、1メートル以内の他のアプリユーザーとの接触が記録され、接触者の中で感染1が判明すればアプリから通知が届く仕組み。

個人情報の登録は必要なく、お互いに分からないようプライバシーは確保される。

アプリを利用すると、陽性者との接触が分かるので、検査の受診など保健所のサポートをいち早く受けることができる。現在ダウンロード可能な同アプリは「試行版」のため、不具合があれば更新されるため、その場合アップデートも必要。厚生労働省では利用者を増やして感染拡大の防止につなげたい考え。

App StoreまたはGoogle Playで「接触確認アプリ」で検索してインストール可能。
アプリについて詳しくは以下の厚生労働省ホームページでも確認できる。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/cocoa_00138.html

画像出典:新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA) COVID-19 Contact-Confirming Application|厚生労働省

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です