戎祭でにぎわう櫻井神社で10日、毎年恒例の福餅まきが行われました。
2つの櫓が組まれた境内には、開始3時半前から大勢の人が集まり熱気むんむん。
竹山市長も参加した餅まきがスタートすると、1つでも多くの餅をキャッチしようと、腕を伸ばしたり落ちた餅を拾おうとする人たちでボルテージも最高潮。中には、ポリタライを持参の強者も。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です