光明池の母子医療センターでも新型コロナウイルス陽性患者が発生したと10日付のホームページで発表しています。

外泊していた10代女性の入院患者が病院に戻った後、症状がみられたためPCR検査して陽性。
同室の患者にもPCR検査を行い、濃厚接触の可能性がある職員17人が自宅待機になっているとのこと。
面会の制限など、いろいろな対策を取っていたのに外泊した患者が持ち帰るのは想定外だったのでしょうか。

高度な周産期・小児医療の専門病院で今後、小児の重症コロナ患者の受け入れもあるかもしれないだけに
これを機に院内感染が広がらないといいのですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です