11月19日=辛抱に耐えかねて直訴させていただきます。
今夏に地震に強い水道管の布設工事が庭代台1号線で施工された後、トラック等大型車両や路線バスがその布設されてくぼんだ跡(特に消火栓が路面にP367 青字でH4とある辺り)をわだちのように通るたびに地震のような振動がして困っています。夜に路線バスがバスの発着場にゆっくり進入してきてもよく揺れます。地震に強い水道管の布設は片側車線ばかりに施工され、庭代台2丁側に路面の凸凹が集中しているので、沿道周辺住民は迷惑しています。
地震に強い水道管の布設の目的はわかりますが、その分代償を、特定住民のみに負担を転嫁するようなことには承服しかねます。
堺市は、市民生活の平穏を戻してください--とHPに匿名さんから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です