槇塚台から泉ケ丘駅前までの中央分離帯に植えられているワシントンヤシの葉がはぎとられ、てっぺんがスッキリしました。

ワシントンヤシは槇塚台1丁から高倉台1丁までの約1キロと、高倉台から泉ケ丘までの間に植えられ、泉北ニュータウンのシンボルの1つとなっていますが、台風で葉が道路に落ちると危険なため、毎年、秋になると葉がはぎとられます。

ちょっと、寂しい気もしますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です