泉ヶ丘の地価<金剛の地価の打開策は、若い人を増やすこと。千里は御堂筋線の利便性とモノレールなどの発達で若者が帰って来ているのに、泉北ニュータウンは泉北線各駅から『バス便』がネックなので旧第8学区で育った優秀な若者が帰って来ない。

また、南海が阪急ジオのように頑張って分譲マンションを積極的に建てるべき。『バス便』の戸建ては高齢になると不便。香里団地も京阪やURなどの分譲マンション新築により、交通の便の悪さを克服し若者の街に生まれ変わった。南海もっと頑張れ--とFAXで。

2件のコメント

  • やじさん :

    泉北の泣き所・・すべての道は「難波にだけ通ずる」,そして・・「南海バスなければ電車に乗れない」。
    また、居住者は「南海の交通手段」に合わせて「日常生活を満喫する」幸せを謳歌するしかない。
    これ以上の生活満足度を期待する人は「泉北の人」としては「期待されない人」なのでしょう。
    今の泉北で分譲マンションを新築しても・・何を好き好んで買う人が居るのか甚だ疑問が残ります。
    人が戻る、人が集うにはそれだけの魅力の醸成が先決ではないでしょうか・・ローマは一日にして成らず、かも知れません。

  • タケシ :

    マンションを新築しただけで地価が上昇したり若者人口が増えるようなことはありません。そんな単純な都市政策で地価が上がったり人口が増えるのであればとっくの昔に各自治体が実行しています。投稿者さんは千里ニュータウンと泉北ニュータウンの地理、歴史等をご存じないようですね。これらのことをよく勉強してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です