泉ヶ丘プールの現況を報告します。

2枚の写真は、ほぼ同じところから撮影したものです。
1枚目は、2019年9月1日(泉ヶ丘プール営業終了日)、2枚目は、2020年2月13日です。

2枚を比べると田園公園の緑の森がほとんどなくなりました。
泉ヶ丘プールの象徴であったフェニックスも、根こそぎ刈られています。

このあと、泉ヶ丘プールの建物も解体される予定で、足場が組まれています。(写真3枚目)
アスベスト問題もあるようですが、カバーのように全体を覆い隠すことなく足場に壁が張られただけの簡易なものです。

さて、今回のこの工事は、堺市の都市計画にもあるように堺市の特徴的な緑を保全することやヒートアイランドを抑制する緑の確保することと全く矛盾した工事であり、強く反対したい。地域住民は、緑がなくなることで、空気清浄機能がなくなり、また、アスベストによる中皮腫などの危険もはらんでいる。また、工事現場は通学路にあたり、小学生中学生高校生など1日に1,500人もの学生が往来している。このような危険な目にあわせることが堺市の都市計画なのだろうか。

3件のコメント

  • タケシ :

    危険を煽るのではなく、どうすれば安全になるのかを提案してほしかったです。投稿者さんはおそらく、公園撤去反対論者なので、危険を煽っているような気がします。

  • tootasu :

    春になると、桜の花びらで滑りそうになる。汚い。毛虫だらけ。台風がくれば、犬のしょんべんで根元腐った樹が倒れて道路ふさいで通れない。そんなのいらない。近くに住んでる人には、ここまで峠3つ越えて3km歩いてくるこっちの事情なんて知らんやろけど。
    そんなに緑がいいのなら、すぐ近くの田園とか辻之に住めばよいのでは?

  • サマリタン :

    近大医学部の泉ヶ丘移転に賛成です。泉ヶ丘プールは夏場はいいですが、秋・冬・春は無用の長物です。その点医学部であれば雇用の創出や学生・職員の購買力による周辺商業施設に対する経済効果、下宿需要等、公園に固執するより目に見えて地域活性化に役立つ。栂・美木多にとって夏場のプールは魅力的かも知れません。しかし、泉ヶ丘にとって稼働率の悪いプールより医学部移転の方がありがたい。学生や職員で賑わう街を如何に作り上げるか、そういう視点で自体の推移を見守りたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です