9月9日=檜尾の赤いアーチ橋下の泉北高速鉄道沿いの道路街頭のポール下部に「泉北中央線」のプレートを見つけました。ということは、泉ヶ丘から光明池至る府道は「泉北中央線」でよろしいのでしょうか――とホームページに。

3件のコメント

  • 調べてみましたがよくわからなかったので、堺市役所(072-233-1101<代表>)に聞いて結果を教えてくださると助かります。
    ご存知のかたがいらっしゃいましたらコメントで教えてください。

  • さらがい :

    泉北中央線は亀の甲から和泉中央を通っている道路で、泉北1号線は上野芝から泉ヶ丘までの道路だと思います。

  • 記者・松林 :

    泉北中央線という名称は現在は使われていませんが、泉北ニュータウン開発当初の資料によると、当時、街づくりの開発中、幹線道路などの計画内で、泉ヶ丘から光明池と、泉ヶ丘から亀の甲(狭山)を「泉北中央線」と、呼んでいた記録があるそうです。(更に昔は、「檜尾岩室線」などと書かれているようです。)その名残が、プレートに残っているのではないか、というお話でした。
    また、現在一般的に呼ばれている、泉北1号線(光明池方面と狭山の亀の甲及び、上野芝方面の国道26号線までを結ぶ道路)の正式名称は「堺狭山線」、泉北2号線(ハーベストの丘方面と津久野方面を結ぶ道路)の正式名称は「堺かつらぎ線」です。

    「ニュータウン地域再生室」には、古い資料もありますので、詳しくはお問い合わせ下さいとのことでした。

    ニュータウン地域再生室
    堺市役所本館5階
    072-228-7530

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です