10月28日=泉北コミュニティさんは泉北高速鉄道と地下鉄接続問題にかなり執着されているようですね。この種の記事は以前から何度となく掲載されています。今回も10月24日付の『記者のつぶやき』で同様の記事がありました。その内容の大半は南海電鉄や堺市当局に対する批判や不満ばかりのようでした。これらについて利用者も同様に感じていると思います。しかし、批判するだけでは何の解決にもなりません。実現可能で具体的な泉北・地下鉄アクセス改善策を紙面で提案されることを期待します。
 ちなみに、私はこの問題に一因にかつての大阪市の地下鉄モンロー主義があると思います。東京のように地下鉄建設にあたって郊外鉄道と同規格で建設していればこのような問題も起きていなかったと思います。御堂筋線建設前には既に難波駅発で南海鉄道が開業していました――とホームページに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です