5月9日=堺市長辞職、政治と金は地方自治体にも蔓延。
首長・地方議員にもなりてが少ない。令和になっても地方創生は泉北地区再生の機運はどうなるのか心配になる。
維新に頑張ってもらいたい--とFAXで。

4件のコメント

  • 虫めがね :

    堺市は「大阪府・堺市」なのに大阪府知事は「無関心」なのか・・票田なのに。
    2008年から今日まで10年以上、大阪府知事は橋本・松井・吉村の「維新」の独壇場、それなのに「堺市」には「維新効果」が感じられないのはナゼでしょう?

  • 匿名 :

    自宅に配布してもらった泉北コミュニティで、泉北高速と地下鉄の乗り継ぎが悪いとのコメントを読んで、もっともだと思いました。御堂筋線とのホーム直結&乗り換えの良いダイヤ設定がされれば、緑も多く交通の便が良い泉北に住みたいと思う人は大幅に増えて、再生につながると私も思います。都市構想の中で、北摂以外でも大阪メトロとの接続を考えた都市の魅力アップを考えてくれないものですかね。

    • タケシ :

      御堂筋線中百舌鳥駅は当時の大阪市交通局が現在地に建設したために不便になっているのではないですか。その改善を堺市や南海電鉄だけに求めるのは無理ではないでしょうか。地下鉄駅を南海高野線直下に建設しなかった大阪市交通局(現大阪メトロ㈱)に地下鉄駅舎移転を求めると同時に地権者である南海電鉄の協力を求めるのが筋ではないでしょうか。
      ちなみに、南海中百舌鳥駅は昭和45年に泉北高速鉄道建設に伴い現在地に建設されました。地下鉄駅は昭和62年開業です。後発駅は既設駅に対応した設計にするのが当然と思います。

  • 犬侍 :

    後発駅は既設駅に対応した設計にするのが当然と思います・・ただ、航空地図で見ると南海の中百舌鳥と市営地下鉄の駅とは「思いのほか」離れています。
    残念ながら「悪いところに住み着いた」と観念してアキラメルほかに方策はないようですね。
    タケシさんの論旨は分かるものの「後発駅は既設駅に対応した設計にするのが当然」に対する「正解」はあるのでしょうか・・と疑問が残ります。
    都心向けの交通対策とは別に「沿海部地域」へのアクセス(住民取り込み)などの将来計画も視野に入れる事も泉北の超高齢者対策には必須となるでしょうから考察の要はあると思います。
    現状は・・孫と泉大津に釣りにゆくのも「都心部経由」が時間的にも経費敵にも南海サマ次第と言われる地域条件です・・住むんじゃ無かった泉北ニュータウン、今更の「残念」です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です