栂・美木多駅前と原山公園を結ぶ歩道橋で、駅側の階段を改良し、新たにエレベーターを設置する工事が始まった。階段を撤去し、2020年3月までに近鉄不動産がエレベーターを設置。その後、自転車用のスロープを撤去して、歩行者と自転車が通行できる階段を設置する。

 原山公園では現在、20年夏のオープンに向けて屋外プールや広場などを整備している。オープン後は、歩道橋の利用者が増えることが予想されることから、階段などの改良を行うことになった。

 これまで設置されていた歩道橋の階段は幅が狭く、歩行者同士が接触することもあり、危険だとの指摘があった。  一方、エレベーターは歩道橋の利便性の向上のため、歩道橋西側にマンションを建設している近鉄不動産が建設。完成後は市に無償譲渡する。

 以前、マンション建設用地でダイエーが営業をしていた頃は、ダイエーのエレベーターを使用できたことから、市が近鉄不動産に代替の移動手段を要請。同社がエレベーターを設置することで合意した。

 現在、既に古い階段は撤去されている。エレベーターが使用できるのは来年4月頃の予定で、その後、スロープを撤去して幅4メートルの階段を設置。階段の中央にはスロープがあり、歩行者のほか自転車も押しながら通行できる。  階段が完成するのは、来年中の予定で、事業費は約6820万円。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です