中百舌鳥まで 金剛から値上げナシ

千代田は10円アップ

 南海電鉄では、10月1日からの運賃値上げを国交省に申請した。10月に予定されている消費税率の引き上げ相当分を転嫁するもの。

 平均値上げ率は1・85%。初乗り運賃は、150円から10円値上げし160円に。定期運賃の平均割引率は、通勤が38・8%(現行39・1%)、通学が79・1%(同79・2%)になる。

 難波から主要駅間の運賃は、堺東260円(同260円)、三国ヶ丘340円(同330円)、中百舌鳥340円(同330円)、北野田380円(同380円)、大阪狭山市450円(同440円)、金剛450円(同440円)、千代田500円(同490円)、河内長野570円(同550円)に。

 中百舌鳥からは、大阪狭山市260円(同260円)、金剛260円(同260円)、千代田340円(同330円)、河内長野340円(同330円)になる。

特急も10円

 特急りんかん・こうやの特急料金も10円値上げを予定している。南海テレホンセンター06・6643・1005

バスも250円以上の区間を

 南海バスでは、10月1日からの運賃値上げを国交省に申請した。予定されている消費税率10%への引き上げに対応するため。

 平均値上げ率は1・82%。初乗り運賃170円と180円〜240円区間は据え置き、250円〜700円の区間の運賃を10円値上げする。深夜急行バスや自治体関連コミュニティバスなどの特殊路線は除く。

 主要区間の申請運賃は、河内長野駅前〜河内長野市役所前170円(現行170円)、堺駅前〜堺東駅前220円(同220円)、金剛駅前〜狭山ニュータウンセンター260円(同250円)、和泉府中駅前〜和泉中央駅360円(同350円)。企画課072・221・0926

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です