最近、校区自治会連合会主催の防災イベントが小学校であり、災害用トイレの展示がありました。これは設置場所の蓋を開けて下水管に便器を直結させて大小便を流す仕組みでした。このような設備は堺市内の学校等の公共施設に設置されているとのことですが、これを知っている市民はどのくらいいるのでしょうか。防災イベントに参加しているのは主に自治会関係者が大半のようです。堺市では下水道が大半の地域で整備してあり、汲取り式トイレはほとんどありません。災害時の断水でトイレが使用できないケースが各地で相次いでいます。防災イベントに参加していれば断水時に右往左往せずに済むと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です