鴨谷台の甲斐田川沿いは桜の名所として毎年桜祭りが行われ、近隣住民でにぎわう。コロナ禍の現在も、甲斐田川沿い遊歩道は近隣住民の憩いの場所になっている。その遊歩道沿いのツツジが根こそぎ切られたと、近隣住民から本紙に連絡があった。

 管理している鳳土木事務所によると、他の住民から「見通しが悪い」という苦情があったので大きく育った樹木を伐採しているということだった。「毎年、美しく咲く花々を楽しみにしているのでなんとかしてほしい」との要望に、残ったツツジは剪定、オオシマザクラの大木はそのまま残すことに。「花が咲く春が楽しみです」と近隣住民は喜んでいる。

#堺市南区 #鴨谷台 #遊歩道 #樹木伐採 #ツツジ #オオシマザクラ 

あなたにおすすめの記事