狭山市公民館に響き渡る、 天から降ってきたような美しい鐘の音色。ミュージックベルサークル「ベル・バタフライ」だ。

 ミュージックベルとは、鉄製のハンドベルを軽量化して扱いやすくした楽器。指導するのは、ミュージックベル協会特別講師の大久保弥生さん。花の文化園でのフラワーコンサートの出演、福祉施設でのボランティアのほか、コンクールにも参加するなど精力的に活動している。「アメイジング・ グレイス」「幸せなら手をたたこう」「糸」「YMCA」など、演奏する曲は様々。

 ミュージックベルはそれぞれ担当する音が決まっており、全員で力を合わせて一つの曲を演奏する。同サークルでは、運営面でもそれぞれが得意分野を担当して、全員で協力して行っている。どんな曲を演奏するのかも皆で話し合って決める。メンバーは女性8人。チームワークは抜群だ。「ベルの音に癒される」「施設などで演奏して“良かったよ〜!”と喜ばれると自分も嬉しい」と、音楽を奏でる喜びをかみしめている。

 現在メンバー募集中。「音楽経験がなくても、楽譜が読めなくても大丈夫です。一緒に音楽を楽しみませんか?」。狭山市公民館で第2・4木曜10〜12時。会費月1500円。入会金なし。髙橋さん090・7363・1258

(記者・山本こ)

髙橋さん ・ 090‐7363‐1258

ミュージック ベルサークル ベル・バタフライ

活動場所狭山市公民館
活動日時第2・4木曜10〜12時
月会費1500円
入会金なし