晴美台の「おおみ珠算教室」には春になると、生徒たちから続々と吉報が届く。

 年中から同教室に通い、珠算7段・暗算8段をもつ葛野咲里さんは、みごと念願の医学部に合格を果たした。背景には、同教室での学びが生かされていたと振り返る。

 トロフィーがずらりと並ぶ教室内には、競技大会での生徒らの成績や段位が張り出されている。生徒らは良き仲間であり、追いつけ追い越せのライバルだ。ハイレベルな仲間に囲まれ「段位をとりたい」「競技大会で勝ちたい」など、次々と新たな目標が生まれる。

 そんな環境に身を置くなかで「立てた目標は叶えなければ気が済まない」性分になったと自己を分析する葛野さん。目標を叶える達成感を知っているからこそ、進路においても「諦める」という選択肢はなかったという。

 そろばんを通して得た学びは、もちろん試験でも活かされた。限られた時間内の集中力、問題に向き合ったときの瞬発力、緊張に対する耐性は、教室や競技大会で自然と身に付いた。

 指導者の大参さんは「一人ひとりの個性を引き出し、引き上げる」ことを大切にしているという。生徒たちは自発的に目標を見つけ、努力する。「高みを目指す心」は人間の本能的なものだと大参さんは語る。  教室の詳細や問い合わせは072・292・5381 http://www.omi-soroban.com/へ。

#泉北コミュニティ掲載 #大参珠算教室 #おおみそろばん #習い事 #脳トレ #そろばん塾

「おおみ珠算教室」の過去の記事

店名おおみ珠算教室

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です